肌の老化は紫外線が8割の原因?ケアして若返りを目指そう!

驚いている少年

タイトルにも書いている通り、肌が老化してしまう原因の5~8割は紫外線にあると言われています。

この紫外線による肌の老化のことを「光老化」と呼びます。

「最近、肌の衰えが気になっている、、、、」

「若い頃から紫外線ケアを心がけて若々しくいたい、、、」

そんな方はこの記事でぜひ「光老化」の影響と防ぎ方について覚えていってくださいね。

また紫外線にはどのような害があり、どんな対策をとらなければいけないのかをしっかりと理解し、行動をとってくださることを願っております。

本記事を読むことで以下のことを知れます

この記事の内容

・紫外線が肌に対して何が悪いのか

・紫外線ケアの方法(体内外より)



肌老化の原因である紫外線の特徴をまずは知ろう

 

紫外線の説明図

あなたは知っていましたでしょうか。実は太陽の光=紫外線ではないということを。

太陽の光には目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。紫外線とは地表に届く光の中で、最も波長の短いものです。

また紫外線の中でも波長によって、A、B、Cの3つにカテゴリーが分けられます。そのうちのC領域(UVC)のものは私たちの元には届いていないので、無視していただいて結構です。

ですので、A領域のUVAとB領域のUVBといった2種類が実際私たちが知るべき紫外線になってきます。上記にてイメージを図を用意しましたので、ご覧ください。

肌に日焼けを起こすUVBと光老化の原因になるUVA

それではまずUVBとUVAがどのような影響を肌に与えるのか、お伝えしていきますね。

UVAの肌への影響

紫外線ケアをしましょう。と冒頭に話した理由のメインはこのUVAにあります。

と言いますのも、このUVAが肌の老化現象の8割を占めると言われる「光老化」の元凶だからです。実際この光老化を抑えられると肌はそこまで老化しないと言われています。

UVAの主な肌への影響は「シミ、シワ、たるみ」をつくることです。

UVAの特徴

地表に届く紫外線のうち約95%も占めるため、日常生活から注意をしないといけない

照射量が多いだけでなく浸透力が高い為、真皮層まで20~30%ほど届いてしまい、肌に大ダメージを、、

→ハリや弾力の元であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞が損、

UVBの肌への影響

UVBは残りの紫外線の約5%を占めます。UVAと違い、主に肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはないことが特徴です。

ただUVAより強いエネルギーを持つ為、紫外線でイメージする日焼けをするのはこのUVBによるものが大きいです。

UVBの主な肌への影響は「日焼け、シミ、そばかす、皮膚ガン(原因)」になります

UVBの特徴

UVAより強いエネルギーを持ち、日焼け(サンバーン、サンタン)を起こす主な原因

波長がUVAに比べて短い為、屋内では届かない。また真皮層までは届かないが、表皮に影響を与える

<strong>サンバーンとサンタンとは?</strong>

日焼けをすると肌が赤くなったり、黒くなったりしますよね?

・肌が赤くなるのがサンバーン(Sunburn)と言われ

・黒くなるのがサンタン(Suntan)と言われます



紫外線量の時間や場所での変化

さて紫外線の知識が分かったところで、ではいつどこで気をつけるべきなのかお話ししますね。

「夏海に行ったときに紫外線対策ケアしたらいいんでしょう?」と考えているあなた、それは間違いです。

肌老化に影響を与えるUVAは放射量の違いはあれど、季節や場所に関係なくいつでも猛威を振るってきます!

周りの人と肌の差をつけたい人はぜひ知識と知っておいてくださいね。

季節での変化

季節による紫外線量の変化図

紫外線は夏だけに強いイメージがあると思います。もちろん、イメージ通り照射量は夏が一番多いです。ただ実際にデータを見ていただくと、意外と1年中紫外線が照射されていることが分かっていただけるのではないでしょうか。

特にUVAは一番照射量が少ない12月1月でも、一番照射量が多い5月8月の約半分ほどの照射量があることが分かります。

このことから「光老化」を防ぐ為には、1年通しての紫外線ケアが必要になってくるのです。

時間での変化

1日の中でも、紫外線が強いのは日中です。特に10時〜14時の時間の間が一番強く、1日の60%〜75%と言われておりますので、特に肌を紫外線から守るようにしましょう。

とはいえ他の時間も紫外線が無くなる訳ではないので、可能な限りの時間気をつけて紫外線ケアをするように心掛けましょう。

場所での変化

紫外線量の場所での変化

出典:紫外線環境保健マニュアル2008

紫外線量は実は場所によっても照射量が変わってきます。あなたの生活スタイルによってもどの程度紫外線を浴びるかが変わってくるのです。

図を見ていただいて分かるように、直接太陽光に当たっていなくても、水の中や雪の反射でも紫外線を浴びることがあります。その為、レジャースポーツやアウトドア競技を楽しむ際は特に紫外線ケアを気をつけるようにしましょう。

天候での変化

雲は太陽光を遮ってくれる為、天気の状態によって紫外線の照射量は大きく変わってきます。

イメージとしては以下の通りと言われています。

MEMO

・雨天時→快晴時の約3割ほど

・曇り →快晴時の約6割ほど(薄曇り時は8~9割)

さてここまでで紫外線について知ってきました。それではどのような対策をとればいいのかについてお伝えしていきますね。

肌の老化を身体の中から守る【紫外線ケア①】



紫外線から肌へのダメージを防ぐには、体の中からのケアが大切です。

食事やサプリでしっかりバリアを張って、肌を守るようにしていきましょう!

そのためには普段の生活から、これから記載する栄養素が含まれた食べ物を摂るように心掛けていきましょう。

また生活サイクル的に栄養素がなかなか取れないという方は、サプリメントを摂るというのも一つの方法です。

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】であれば身体の中から美白になれる美容成分が16種類も入っているので、身体の中から肌の老化を防ぐことができます。

今であれば初回購入980円とお安いので、気軽に試せるのがいいとこですね。

<strong>紫外線によるダメージを防ぐ食品や栄養素</strong>

・ビタミンC メラニンの生成を促進する活性酸素を抑える抗酸化作用をもっていて美白の味方

例:いも類、ブロッコリー、ほうれん草、ピーマン、ぱぷりかなどの野菜、みかん、緑茶などetc

・β-カロテン(ビタミンA)活性酸素を抑え、肌の老化や肌荒れなどを防ぐ効果がある栄養素s

例:レバー、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、バジル、うなぎ、バターなどの乳製品etc

・亜鉛 紫外線に対する肌の抵抗力を高めてくれる栄養素

例:鶏のささみなど肉類、うなぎなどの魚類、牡蠣、ホタテなど

・オメガ3脂肪酸 光老化だけでなく、日焼けによる痛みや炎症を和らげ肌を守る効果があります。

例:ニシン、鮭、サバ、マス、イワシなど(サプリでフィッシュオイルを摂るのもおすすめです)

文章

肌の老化を身体の外から守る【紫外線ケア②】

紫外線ダメージを外から守るといったら、日焼け止めだということは分かっていただいている思います。

夏の海やアウトドアでしか塗らない方が多いでしょうが、夏だけではなく日々の生活中に塗る習慣を作ることが大切です。まずはこの日焼け止めの基礎知識からつけていきましょう。

日焼け止めを選ぶ際に1番大事基準になるのが「SPAとPA値」というものになります。SPA50とか表記されているのは見たことがあるかもしれませんか?

また数値が大きければ大きいほどいいと考えられていますが、この考え方は間違えです!しっかりと自分に合ったものを探しましょうね。

日焼け止めを選ぶ基準になるSPF/PA値とは

PAとは

先ほど紫外線にはUVA,UVB,UVCという3種類の波長があると知りましたよね。

この中で光老化の原因になるUVAをカットしてくれるのが、PA値です。PA値は+が増えるごとに紫外線防止の効果が増えてきます。

《PA表記例》
PA + 「効果がある」
PA ++ 「効果がかなりある」
PA +++ 「効果が非常にある」
PA ++++ 「効果が極めて高い」

SPFとは

SPFとはサン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略で、日焼け、シミ、そばかすの原因になるUVBをカットしてくれる値です。

SPFは数値で10~50の間で表記されており、20分間何もつけてない素肌に比べて日焼けが始まる時間をどれだけ伸ばすのかという目安になっています。例えばですが、

SPF10なら  20分×10=3時間20分(200分)日焼けが抑制される

というイメージで考えてください。ただ実際のところは、汗などで日焼け止めは途中で取れるのでSPF50あったら16時間40分(1000分)放置していても大丈夫という考えは現実的ではありません。

どんだけ大きい数値であっても汗で流されてしまえば変わりません。3,4時間ごとにこまめに追加で塗ることをおすすめします。

基本的には下記の表を基準に考えてみてください。

SPF,PAの基準表

さてここまで読んでいただいたら気付いたと思いますが、普段使いにSPF数値は高い必要がないのです。むしろ数値が大きければ大きいほど肌への負担は大きいので、日常的にはSPFは低いもので結構です。

ぜひSPF10~20、 PA++くらいのものを使ってみてください。もちろん数値が上昇するほど効果はあがりますが、その分肌への負担が増えるので強すぎる物を使うことも注意してくださいね。

日焼け止めの仕組み

日焼け止めには2種類の紫外線防止の種類があります。

1つは紫外線を反射することで、紫外線が肌に届くのを防ぐ「紫外線散乱剤」。もう1つが紫外線を吸収し、その吸収したエネルギーを熱に変換することで肌を守ってくれる「紫外線吸収剤」というものです。

どちらも一長一短でメリット、デメリットがありますので、商品を選ぶ際はどのようなメリットを優先するか考えてから選んでみてください。

日焼け止めの種類に関する表

関連記事

普段使いにおすすめの日焼け止め「製作中」

肌が老化する理由は紫外線が8割?【まとめ】

いかかでしたでしょうか?

なぜあなたの肌が紫外線のせいで老化してしまっているのか、知ることはできましたか?

実際に私もこの事実を知ってから、毎日ケアを心がけるようにしています。まだケアを始めてから半年と短い期間なので正直違いまでは分かりませんが、周りの同年代よりは若いとよく言われます。

毎日の積み重ねが将来の綺麗な肌につながるので、ぜひすぐに紫外線ケアを始めましょう。

あなたの今の肌は10年前の自分の行動によって出来ています。あなたが今後の肌人生で後悔しないよう、普段の生活からケアを怠らないようにしてくださいね。