肌のかゆみは乾燥対策で治る?!原因と対処法を知ろう

肌のかゆみ対策

季節や環境の変化によって、肌にかゆみを感じたことはありませんか?
特に秋・冬に肌になると
かゆみを感じて、皮膚科に通う方が増える傾向があるみたいです。

肌がかゆいと辛いですよね。

掻いちゃいけないんだけど、掻いちゃう」その気持ちすごい分かります。

私も肌がかゆい時に掻きすぎて、出血しちゃったことが何度もあります。「管理人!背中真っ赤だよ!!大丈夫??」みたいに突っ込まれるのが日常になってました、、、笑

今回の記事ではそんな肌がかゆい時の対策と原因についてお伝えしますね。

本記事でお伝えすること

・肌のかゆみの原因とは?

・肌のかゆみの対策法は?

・美肌になるために

それではぜひ少しだけの時間、おつきあいくださいませ。

肌のかゆみの原因は?

考えていること

かゆみ肌は不快な感覚で、引っ掻いて傷つけたくなっちゃいますよね。

実はかゆみのある皮膚は主に「乾燥した皮膚」によって引き起こされます。

乾燥以外の理由を含めたかゆみの原因になりえる例は以下のとおりです。

かゆみ肌の原因

・皮膚の乾燥

皮膚の発疹

・皮膚内部の病気

・アレルギー反応

皮膚の乾燥

冒頭でお話しました通り、皮膚は秋冬になると乾燥する方が多くいらっしゃいます。また実は皮膚は年齢とともに乾燥する傾向があるため、年を取るごとに乾燥しやすくなるのが一般的です。

乾燥してかゆくなった方の特徴としては「見た目の変化があまりないことです。

ようするにかゆみの部分に、赤い隆起やその他の変化が見られないで、通常通りの見た目でもかゆければそれは乾燥が理由の可能性が高いです。

乾燥してしまう主な理由は「年齢の変化・空調の使いすぎ・入浴や洗顔のしすぎ」な場合があります。特に顔がかゆいと感じる方は、洗顔のしすぎ(回数・時間or洗顔料の刺激が強い)の可能性が高いので、ご注意くださいね。

皮膚の発疹

湿疹(皮膚炎)、乾癬、疥癬、シラミ、水痘および蕁麻疹を含む多く皮膚病によって、皮膚状態がかゆくなることがあります。

かゆみは通常特定の部位に作用して、刺激された皮膚または隆起および水疱などの他の徴候を伴うので、見た目でどこが原因でかゆいのか分かることが出来ます。

なおこのような症状が出た場合は、薬を処方してもらうためにもすぐに医師にみせにいくようにしましょう。

内部の病気

実は肌に直接関係ない、身体内部の病気でも肌がかゆくなる場合があります。

例えば、肝疾患、腎不全、鉄欠乏性貧血、甲状腺疾患および白血病およびリンパ腫を含む癌などを患っていると、肌のかゆみを感じることがあるかもしれません。

この場合のかゆみは、通常全身に影響を与えます。なお皮膚は、繰り返し傷が付いた部分を除いて正常に見えるかもしれません。ですので、ある特定の場所でなく全身にかゆみを覚えた際は病院に行くようにしてください。

アレルギー反応

アレルギーの方も肌にかゆみを覚えることがあります。意外と自分のアレルギーについて認識していない人って多くいるんですよね。

化学薬品や羽毛、石鹸などが皮膚を刺激し、かゆみを引き起こす可能性があります。怖いことに普段の洗顔であったり、寝ている布団がアレルギー反応の元になって、かゆみを感じることもあるんですね。

またこちらは把握している人が多いかもしれませんが、食べ物によってもアレルギーを引き落とすことがあります。しっかりと何を食べるか気をつけるようにしましょう。

何のアレルギー反応によってかゆみが出ているのか分からない場合は、人つずつ自分の使用しているものを見直すようにしましょう。

見直すもの

食事:アレルギー関係のものを食べていないか

ベッド・枕:羽毛布団を使用していないか

石鹸・洗顔:刺激が強いものorアレルギーがある薬品が使われていないか

またアレルギー体質な方は漢方で治すことが一番の道です。こちらの商品であれば医薬品と認められており、90日間返品が可能なので、ぜひお試しください。

かゆみ・炎症・アカギレに
澄肌漢方堂【第2類医薬品】
90日間返金保証付き

ここまであなたの肌のかゆみに対する原因を伝えてきましたが、自分の原因について把握できましたでしょうか?

基本的に病気やアレルギーでなければ8割方の方は「乾燥」が主な理由だったはずです。病気の場合は間違いなく病院に行くようにしてくださいね。

肌の乾燥によるかゆみの対策は?

グッド

それではここからはほとんどの方が該当したであろう「乾燥」による肌のかゆみについて対策をお話していきますね。

想像がつくと思いますが、乾燥の主な対策方法は「肌の保湿」を重点的に行うことです。具体的に行えることは以下の通りです。

肌の保湿

・加湿器で室内の乾燥をなくす

・洗顔の刺激を減らす

・ボディクリームを使い保湿する

加湿器で室内の乾燥をなくす

特に秋冬は空気が乾燥してきてしまいますよね。ただ、実は春夏でも湿度が足りないことが多くあります。

例えばですが、あなたは風呂上がりに身体がかゆいと感じたことはないでしょうか?

これは身体を洗ったことで、必要以上に身体の皮脂を取ってしまっていて、それに部屋の乾燥が合わさってダブルパンチで皮膚の乾燥を引き起こしてしまっているのです。

このような乾燥を引き起こさないためにも、部屋の湿度を加湿器で保ちましょう。

洗顔の刺激を減らす

顔がかゆく感じる方は多くの場合洗顔の刺激が強すぎます。この場合考えらる刺激が2つあります。

・熱いお湯を使いすぎて、皮脂を落としすぎている

・洗顔料の刺激がつよすぎる

実は洗顔の際に使うお湯が40度以上など熱いものになってしまうと皮脂を必要以上に取ってしまい、顔には刺激がありすぎます。可能な限り30~35℃くらいのぬるま湯を使うようにしてあげましょう。

また、使用している洗顔料が刺激が強すぎる場合もあなたの肌を乾燥させてしまう原因になります。しっかりと刺激が少ない洗顔料にて洗顔するようにしましょう。

なお当然ですが、洗顔し終わったら保湿をして潤いを保つようにしましょうね。

身体の洗い方を見直す

顔でなく身体がかゆいと感じる方は、身体の洗い方やお風呂の入り方を気をつけましょう。

あなたはどのように身体を洗っていますでしょうか?

ゴシゴシお風呂のタオルで身体を洗っていませんか?絶対にこれはやめてください!!

なぜなら前述した洗顔と同じ理由で、洗い流さなくていいものまで落としてしまうからです。

ゴシゴシ洗ってしまうと、身体を傷つけているだけです。人の身体は勝手に老廃物などいらないものは出してくれるようにできています。刺激の少ないボディーゾープで優しく洗うだけで、汚れはとれますよ。

ボディクリームを使い保湿する

お風呂を上がったら、しっかりとボディークリームを使用して身体を保湿しましょう。女性の多くの方はやっているかもしれませんが、男性で保湿ができている方は少ないように思います。

顔は乳液などで保湿するのに、なぜ身体は保湿しないのでしょうか?顔だけでなく、カラダ自体も乾燥はおきますので、水分が止まるように保湿するようにしてくださいね。

水分を1日1.5ℓとる

さてここまでは肌の外から保湿する方法をメインにお話ししてきましたが、これが一番大事です。

水分を1日1.5ℓ以上」とるようにしてください。

例えば体重60kgの成人男性は1日で2.5ℓほど排出すると言われているます。また基本的には生活の中で1ℓほどは食事から取れるので残りの1.5ℓほどを自分で水分摂取して欲しいのです。

もちろん水分の取り方は水からとることが理想です。実はお茶やコーヒーなどだと利尿作用や内臓への負担もあるので、純粋に飲んだと思っている分は摂取できていない可能性があります。

イメージとしてはコップ8杯分です。多く感じるかもしれませんが、朝夜の寝起き寝る前に1杯、食事の際に2杯ずつ飲んでいれば取れる水分量です。意識して水分補給をしてみてくださいね。

肌のかゆみは乾燥対策で治る?!原因と対処法を知ろう【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

本記事があなたの肌のかゆみに対して参考になってくれていると嬉しいです。

改めて本記事についてまとめますと

肌のかゆみ

・肌のかゆみのほとんどは「乾燥」が原因である

・アレルギーや病気が理由だった場合はすぐに病院へ

・「乾燥」に対しては「保湿」を重点的に行おう

あなたの肌のかゆみが本記事によって、治ってくれることを祈っています。