失恋してうつ病(鬱)になった?症状や克服方法をしろう

ソファにうずくまる少年

失恋してしまうと、自分の信じていた全てを失ったような感覚に陥いりますよね。

人によってはこの失恋がきっかけでうつ病(鬱)になってしまう可能性があります。このことを「失恋うつ」と呼びます。

もしあなたが失恋をきっかけにうつ病(鬱)になっている恐れがあるのであれば、ぜひ本記事を読んで乗り越えていきましょう!

この記事では以下のようなことを知れます。

本記事で知れること

・失恋うつについて

・失恋うつの症状

→自分が当てはまるのか判断してください

・失恋うつの克服方法

失恋うつとは?

まずはそもそも「失恋うつ」とはなんなのかについて、お伝えしていきますね。

すごい簡単にお伝えすると、失恋により発生してしまったうつ病のことです。

誰もが恋愛と失恋を経験しますから、誰でもかかる可能性のある精神病のひとつになりますね。

症状について詳しくは後ほどお話ししますが、失恋したあとに「睡眠障害」「意欲が出ない」などの反応が自分に起きていたら、失恋うつを疑ってもいいかもしれません。

この失恋うつを放っておくと、仕事や学業に手がつかなくなるだけでなく、最終的には会社や学校にすら行けなくなってしまう恐れがあります。

ですのでもし疑いがある場合は、絶対に治療及び克服するようにしましょうね。

失恋でうつ病(鬱)になった時の症状

それでは失恋うつの具体的な症状についてお伝えしていきます。

失恋うつの主な症状は以下のとおりです。

主な症状

・睡眠障害

・元カレ(カノ)のことばかり考えてしまう

・毎日泣いてしまう

・感情の起伏少なくなった

ほとんどは従来のうつ病と変わりませんが、失恋うつの場合は「元カレ(カノ)のことばかり考えてしまう」ことが一番の特徴にあたるかもしれません。

睡眠障害

うつ病になるとほとんどの方が抱えるのがこの睡眠障害です。

不安を自分自身がずっと抱えてしまうことで、頭がもやもやした状態になってしまいます。そのため、寝たくても頭の中が不安に覆われてしまい、なかなか寝つきずらくなってしまいます。

またその夜寝れなかった分、朝から夜まで寝てしまい昼夜逆転する傾向にもあります。

もし寝れない日が続いているようでしたら、睡眠の前に体温を温めてみてください。

具体的な睡眠についてはこちらの記事をご覧くださいね。「顔や肌が汚い原因は寝不足だった?!解消して美肌になる方法を伝授

元カレ(カノ)のことばかり考えてしまう

前述したとおり、失恋うつの一番の特徴は「元カレ(カノ)のことばかり考えてしまう」ことです。

やはり失恋がきっかけであるからこそ、元カレ(カノ)のことをずっと考えてしまいますよね。

特に家に帰って一人になった瞬間などに考えてしまってはいませんでしょうか?頭が元カレ(カノ)のことで、いっぱいいっぱいになっているとしたら、失恋うつの可能性が高いです。

毎日泣いてしまう

うつ病の特徴として、何がきっかけかが分からない状態で泣いてしまうことがあります。

特に失恋うつ病では、していた恋愛がきっかけで泣く場合が多いのではないでしょうか?

もし毎日あなたが泣いている状態であれば、ぜひそのまま泣いてください。泣くのを我慢するよりもしっかりと泣いてしまった方が、あなたの心には負担が少なくなるはずです。

感情の起伏が少なくなった

また感情の起伏が少なくなることもうつ病の特徴の一つです。

以下のようなことが当てはまったら、あなたは心が疲れてしまっているかもしれません

・良いことがあったのに心が踊らない

・悪いことがあったのに気にならない

・趣味のことをやっても楽しくない

いかがでしたでしょうか?あなたは上記の特徴のうちどれくらい当てはまりましたか?

もし2,3個当てはまってしまったら、失恋うつもしくはうつ病(鬱)の可能性があります。ぜひ、後述している克服方法を参考にしてくださいね。

失恋でうつ病(鬱)になった時の克服方法

さて前述にて失恋うつとうつ病(鬱)の人の特徴をお伝えしてきました。

ここからはうつ病の克服方法についてお話ししていきますね。

まず最初に絶対して欲しいことがあります。前述の特徴に当てはまった人は「まず病院に行ってください!」

それでは具体的な克服方法をお伝えします。

克服方法

・まず病院に行く

・全て吐き出して話す

・健康的な生活習慣を心がける

・運動習慣を身につける(歩き程度でいいので)

まず病院に行く

全て吐き出して話す

健康的な生活習慣を心がける

運動習慣を身につける(歩き程度いいので)